穏やかな毎日
心穏やかな毎日を支えてくれるソナタ   >   抗不安薬としてのソナタ

抗不安薬としてのソナタ

薬を服用する

これまで、抗不安薬では「デパス」という薬が多くの人から支持されていました。
不安や興奮を抑えて筋肉をリラックスさせる効果があるので、抗うつ作用や抗不安作用はもちろん、精神安定剤や睡眠導入剤としての働きによって“万能薬”と呼ばれるほどの薬です。

デパスはベンゾジアゼピン系の薬で、脳内物質であるGABAの働きを増加させて、感情の波や脳の緊張や興奮を抑える効果があります。
副作用として筋弛緩作用があり、ふらつきや注意力の低下が注意されてきました。依存性が高く、乱用のリスクも。

そしてデパスは、2016年に個人輸入が禁止となり、誰でも使える薬ではなくなったのです。
現在でも、医療機関を受診して医師が処方箋を出せばデパスを使うことができますが、個人輸入の通販で購入していた人々にとっては残念なできごとです。

そんな中、デパスの代わりとして人気を集めているのがソナタ。
ザレプロンという主成分がGABAを促し、不安や緊張を和らげてくれます。
GABAは、脳内においては神経鎮静剤としての働きがある神経伝達物質のこと。筋肉の緊張もほぐしてくれるので、不安や緊張でガチガチになった体を解きほぐす効果も。精神と肉体の両方にアプローチしてくれるので、仕事や学校などで、人前に出ると緊張して何もできなくなるといったタイプの人にも適しています。

なぜだかわからないけれど不安で仕方がない、いつも緊張していて周囲の人とうまくコミュニケーションがとれないなど、感情の波や落ち込みを自分でコントロールできないなら薬を頼ってみるのもひとつの手です。
自分の弱さや未熟さが原因ではないのなら、抗不安薬を使って脳内をうまく調整してみてはいかがでしょうか。穏やかな気持ちを維持することができれば、日常生活を楽しいものに変えていけるはずです。

Copyright(c) 2018 心穏やかな毎日を支えてくれるソナタ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com