穏やかな毎日
心穏やかな毎日を支えてくれるソナタ   >   睡眠薬としてのソナタ

睡眠薬としてのソナタ

睡眠薬を使ってみる

「ルネスタ」と並んで、睡眠導入剤として人気を集めているのが「ソナタ」です。
どちらも、脳内物質GABAの働きを活発にすることで緊張や興奮を抑え、睡眠へと促がす作用の薬。
睡眠薬の働きや強さは、作用時間によって超短時間型・短時間型・中時間型・長時間型に分類されます。

ソナタは超短時間型で、薬の成分が体内に残りにくいのが特徴。効果が現れるまでの時間が短いので、寝つきをよくするという利点もあります。
薬が抜けるまでも早いので、朝起きた時にだるさや眠気を感じる心配もありません。スッと寝つくことができて気持ちよく起床できるので、睡眠薬を使うのが初めてという人にもぴったりです。
では、不眠症に悩む人なら誰でもソナタが効果的なのかというと、そうではありません。
人によって抱える症状はさまざまなので、適した薬も異なってきます。

不眠症は、睡眠障害のタイプによって

・入眠障害
・熟睡障害
・中途覚醒
・早朝覚醒

の4つに分けられます。

「眠りたいのに眠れない」「横になってから1時間経つのに眠気がこない」といった、寝つきの悪さが入眠障害。
効きの早さと抜けのよさが持ち味のソナタは、この入眠障害に大きく効果を発揮します。
作用時間が短いので、ほかのタイプの不眠症ではあまり改善は見込めないかもしれません。中途覚醒や早朝覚醒などに悩んでいる人は、ルネスタの方がおすすめです。

入眠障害の人はもちろん、早期の不眠症であったり睡眠薬を使うのは初めてで副作用や依存が心配という人は、比較的軽い睡眠薬とされるソナタから始めてみるのがいいでしょう。
自分の不眠タイプと薬の性質を見極めることが、効果的な睡眠薬選びのカギなのです。

Copyright(c) 2018 心穏やかな毎日を支えてくれるソナタ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com